関節の痛みは自律神経の乱れからくることがある?!その原因と予防と改善策とは?

自律神経の乱れが関節痛を引き起こしてしまうことがあります。

自律神経の乱れからくる関節痛は、特別激しい動きをしたわけでもないのに運動した後に起こるような関節の痛みを感じたり、歩くことも困難なくらいの痛み、一気に歳を取ってしまったような痛みを感じることが多いです。
それにプラスして、筋肉痛を感じたり、動悸、偏頭痛、ほてり、睡眠不足、身体が重たく感じるといった症状もあります。
つまり、激しい運動をしていないのに運動しが後のような関節の痛みがあり、筋肉痛や偏頭痛、ほてりなどのさまざまな症状を併発していることが自律神経からくる関節痛の特徴です。

自律神経が乱れることでなぜ関節痛が出るのかというと、自律神経が乱れている状態だとストレスを受けやすくなり、緊張状態を引き起こしやすくなります。
交感神経が優位になり、筋肉が硬くなり、血管が細くなり血液の流れが悪くなります。
血液中の酸素が十分に行き渡らず、筋肉が緊張状態となり収縮し、血管が筋肉に押しつぶされてしまうことで関節の痛みが起こります。
ストレスが蓄積し続けることで交感神経が優位に立ち続け、筋肉が硬くなり血流が悪くなってしまうことで関節痛のリスクを高めてしまいます。

自律神経による関節痛を解消や予防するにはどうすれば良いのかと言うと、ストレスを受けないこと、感じないことです。
自律神経のバランスが乱れてる一番の原因はストレスです。
そのストレスから離れることが効果的な対策と言えます。
こまめに深呼吸をし、食物繊維の多い食べ物を摂ること、お風呂にゆっくり浸かり睡眠時間をしっかり確保すること、マッサージで硬くなった筋肉をほぐすことで自律神経からくる関節痛を改善したり予防につなげてくれます。

関節の痛みは自律神経の乱れからくることがある?!その原因と予防と改善策とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です